ダーティーバルクとは【やるなら期間は限定すべし】

ダーティーバルク

筋トレYouTubeで耳にしたんやけど「ダーティーバルク」とはなんぞや?筋肉をつけるにはやった方が良いの?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※現在の僕の身体はTwitterでチェック😉)

そんなわけで、今まで様々なバルクアップ方法を試してきました。

そこで今回はそんな僕の経験も踏まえつつ「ダーティーバルクの適切な捉え方」について解説。

以下でバルクアップする際の効果的な食事法を知ることで、より着実に筋肉を獲得しあなたの理想のフィジークへ確実に近づきます。

では詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

ダーティーバルクにカロリー制限なんてない

結論として、ダーティーバルクを長期間に渡り行うことはおすすめしません。

そもそもダーティーバルクとは、筋肉を増やす時期いわゆるバルクアップ期における食事法の1つ。

具体的には、カロリー制限もなければ食べるものの質にも決まりがなく、好き放題に食べオーバーカロリーな状態を継続するやり方になります。

通常トレーニングして筋肉を増やすには「摂取カロリー>消費カロリー」になる食事を継続することが必要。

ですからダーティーバルクも、オーバーカロリーという点だけ見ると効果的と捉えることもできます。

カイ
カイ

筋肉はアンダーカロリー(摂取カロリー<消費カロリー)な状態では、基本的には大きくならないと考えるのが基本ですので。

とは言え、やはり我々の身体は普段から口にするもので作られるゆえ、以下のようなマイナス面もあることは理解しておきたいところです↓

・ダーティーバルクはとにかく太る

・体重増=筋肉増ではない

では順にみていきます。

ダーティーバルクはとにかく太る

上記のように、カロリー収支がプラスでないと筋肉が大きくならないのは確か。

ですがオーバーカロリーになるということは、筋肉だけでなく体脂肪も蓄積するのがまた事実です。

そんな体脂肪は身体で処理できなかったカロリーに応じて蓄えられます。

仮に1日に2500kcal消費するとして、3000kcal摂取するのと5000kcal摂取するのではもちろん後者の方が体脂肪の蓄積は加速することに。

ダーティーバルクでは制限がないため、ジャンクフードもお菓子もアルコールも摂取すると思われるので、摂取カロリー過多が容易に実現。

カイ
カイ

その結果として、筋肉がつくもののそれ以上に体脂肪がドンドン増えることも考えられます。

もちろんプロレスラーのような、体脂肪もそれなりについてる身体があなたの理想なら問題なし。

ですがいわゆる絵に描いたようなマッチョを目指しているのであれば、効果的とは言えないのがダーティーバルク。

ですから基本的には以下の記事で解説してます「クリーンバルク」がおすすめです↓

リーンバルクの意味やクリーンバルクとの違いとその良し悪し
筋トレしてたら「リーンバルク」とか「クリーンな食事」とか耳にするけど、あれってどういう意味?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではリーンバルクの良し悪しを解説。筋トレ初心者であればそこまでリーンにする必要なし!?

体重増=筋肉増ではない

筋トレ初心者によくある勘違いの1つに「体重増=筋肉増」と思いこんでるパターンがあります。

確かに筋肉が1キロ増えれば体重は1キロ増えます。

ですが体脂肪が1キロ増えても体重はこれまた1キロ増えることに。

そう、体重の増加と筋肉の増加は必ずしも一致しません。

カイ
カイ

にも関わらずダーティーバルクを長期に渡り実践し、「体重が増えているから問題ない」と思っていると実際は体脂肪ばかりついていたなんてことも。。

ですからダーティーバルクをするにしても、自身の身体の変化をきちんと客観視することが必要です。

体脂肪率で言うと、20%を上限に基本的には15%を保つのが無難です。身体の機能面的にも。

なので以下の記事で解説してるように、増量と減量を繰り返すことがバキバキマッチョを目指すには効果的↓

筋トレ民が増量と減量を繰り返す2つの目的【効率よく筋肉のみをつける方法】
筋トレしてる人はよく「増量中」とか「減量中」とか言ってはるけど、そもそも筋トレ効果を高めるために増量とか減量は必要?なんでそういうことするん?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では増量期と減量期を繰り返す目的を解説。筋肉のみをつけたいなら必須!?

ダーティーバルクは1ヶ月のみなどと期間を限定しよう

上記のように、ダーティーバルクは筋トレ効果を高めてできる限り筋肉だけを獲得していきたい場合には不向き。

カイ
カイ

ですが現状ガリガリであったり食べれる量が少なく、なかなか身体が大きくならないなどの場合には試す価値あり。

何度も言うように、筋肉はオーバーカロリーでないとつきにくいので。

ですからそういった場合にダーティーバルクを取り入れるのであれば、「1ヶ月だけ」などと期間を限定して行うといいでしょう。

そうすることで、過度な体脂肪の蓄積を防ぎつつ筋肉を増やしていけると考えられますので。

またその際に、自身の身体の変化を記録しておくことで、自身にとって必要な摂取カロリーや栄養バランス等もみえてきます。

※参考:筋肥大に適した食事をする上で、ここだけは押さえておきたいと言えるポイントについて↓

【保存版】筋トレは食事が8割【タイミングやサプリより大事なこと】
「筋トレ効果を高めるには食事が大事」「食事8割り筋トレ2割」とかって聞くけど、実際どういう感じの食事が良い?やっぱりプロテインとか飲んでささみとか食べるべき?という疑問を持つあなたへの記事になります。食事8割の中でもさらに大事なこととは!?

【まとめ】ダーティーバルクは筋トレ初心者向け

上記の内容が、ダーティーバルクの適切な捉え方になります。

筋トレ初心者は最も筋肉を獲得しやすい時期。

(筋トレ1.2年目は約10キロの筋肉を獲得できるとされたりも)

カイ
カイ

ですからそんな大事な時期にクリーンバルクやリーンバルクで節制しすぎると、返って筋肉の成長が遅れる可能性もなくはないです。

なので筋トレ初心者こそダーティーバルクも取り入れつつ、「しっかり食べてしっかりトレーニングする」をモットーに進めていくのもあり。

ですが何度も言うように、体脂肪の蓄積が目立つようだと摂取カロリーを減らしたり調整することは必要です。

そんなわけで、最後にまとめると以下ツイートのとおり↓

では、終わり😉

※参考:筋トレとお菓子を両立したい場合に意識したいこと↓

筋トレとお菓子を両立するには【筋肥大への悪影響を抑える方法】
普段から筋トレしてるけど、筋トレ効果に悪影響のないお菓子とかあるんかな?(マッチョがよく食べるお菓子的な...)それともやっぱり筋肉的にはお菓子は食べない方が良い?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ民に適したお菓子との付き合い方について解説。

以上ダーティーバルクとは【やるなら期間は限定すべし】でした。

【特典あり】無料メルマガ配信中
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。
食事
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK