筋トレ民がやよい軒で食べるべきはこれ一択【筋肥大のための定食】

筋トレやよい軒

筋トレ始めて、「筋肉をつけるには食事が大事」て知ったけど、じゃあやよい軒とか行った時はなに食べたら良いん?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身も筋トレ初心者のころからよくやよい軒にはお世話になってますね笑。

そこで今回は、「筋トレ民に適したやよい軒の定食はどれか」について解説。

以下の内容を踏まえておくと、やよい軒だけでなく他の外食時にも適切な栄養補給ができるようになり筋肉もグッと成長することでしょう。

では、詳しくみていきます。

【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
【参考】無料メルマガ配信中【今は特典あり】
無料メルマガでは、筋トレ歴3.4年に満たない方が早めに知っておきたい「筋肥大の基礎」を、ブログ記事とはやや異なる視点からも配信しています。昨今はYouTube等で多くの筋トレ情報に簡単にアクセスできますが、ゆえに基礎への理解や実践がおろそかになり身体が変わらないことも。そこで必要となるのが当メルマガです。

筋トレ民がやよい軒で食べるべきはこれ一択【筋肥大のための定食】

結論として、筋肉のためを思うとやよい軒で選びたい定食は「しまほっけ定食」です。

しまほっけ定食が、やよい軒のメニューの中で「最もヘルシーに多くのタンパク質を補える」と言えますので。

そもそも筋トレをつけるための食事ポイントは超ザックリ言うと以下のとおり↓

・総摂取カロリーの約半分は炭水化物で補う

・体重1キロあたり約2gのタンパク質をとる
(不足するならホエイプロテインなどを活用)

・余裕があればマルチビタミンミネラルをとる

・毎日「摂取カロリー>消費カロリー」で終える

(⇒参考:【保存版】筋トレは食事が8割【タイミングやサプリより大事なこと】

筋トレ初心者の場合、ひとまずこの4つを意識しておけば問題ありません。

カイ
カイ

ですから外食するにしても自炊するにしても、1日3食ならおよそ1食あたり700kcalから1000kcalでかつタンパク質が30gから40g含まれてる食事をしていくイメージに。

(もちろん体型によって前後する。より適切な数値は「バルクアップとは【増量期の必要性から注意点まで徹底解説】」を参考にどうぞ)

といったポイントを踏まえて、やよい軒のしまほっけ定食はどうか?

以下がその具体的な栄養バランス。

・エネルギー
⇒660kcal

・タンパク質
⇒51.2g

・脂質
⇒21.3g

・炭水化物
⇒68.2g

こんなにも筋トレ勢に適した定食を提供してくれるやよい軒に感謝です。

ただの筋肉定食と言わんばかりのスペック。

タンパク質が驚異の50gオーバーとなってますが、これはサイズ感によってやや少なくはなるかと。

以下ツイートのように僕はしまほっけ定食ばかり食べてますが、日によって小ぶりな時もありますので。

加えてダイエット中など少しでも低カロリー(低脂質)に抑えたい場合なら、「銀鮭の塩焼定食」も良き。

以下がその具体的な栄養バランス。

・エネルギー
⇒519kcal

・タンパク質
⇒29.7g

・脂質
⇒14.9g

・炭水化物
⇒68.3g

といったように、しまほっけ定食を1段階ヘルシーにしたような形になってます。

もちろんやよい軒には他にもたくさんの定食がありますが、その多くに脂質や炭水化物が多く含まれます。

もちろんそれらを食べたから明日になったら太ってるなんてことはないですが、あくまで我々の体はカロリー収支によって成り立っていることは覚えておいてください。

ですからバルクアップ(増量)と言って過度に食べ込むと、筋肉よりも体脂肪がグッと増えてしまうこともあるので注意。

そんなわけで、筋トレ民はやよい軒ではひとまず「しまほっけ定食」か「銀鮭の塩焼定食」を選んでおけば問題なし。

(「鉄火丼」も良いとは思いますが、見た目から公式で言われてるほどのタンパク質は含まれないかと思われますので、そこは自身のタンパク質の必要量に合わせて検討してみてください)

※その他の定食の栄養バランスは以下のとおり。

筋トレやよい軒

筋トレやよい軒

筋トレやよい軒

筋トレやよい軒

筋トレやよい軒

筋トレやよい軒

(引用元:https://www.yayoiken.com/menu_list/info/13

追記:「筋肉定食」なるものが期間限定で爆誕(21年9月17日)

上記のように、今までは「しまほっけ定食」がトレーニーにとってベストと考えられていましたが、なんとこの度「筋肉定食」なるものが爆誕しました。

カイ
カイ

その内容は「鶏モモ肉のステーキ、味噌汁、白米」と、なんともボディビルダーが食べるようなメニューとなってます。

加えて、鶏モモは皮を除くといったマッチョへの配慮まで笑。

(以下ツイートにもあるように↓)

これなら鶏の胸肉のようにより脂質の摂取を抑えられ、体脂肪の蓄積を抑えるきっかけにもなります。
(⇒参考:【疑問】なぜマッチョはブロッコリーと胸肉ばかり食べるの?

そんな筋肉定食の栄養バランスは以下のとおり↓

・エネルギー
⇒415kcal

・タンパク質
⇒45.1g

・脂質
⇒20.6g

・炭水化物
⇒15.8g

(上記は白米をキャベツサラダに変更した場合の数値なので、そのまま白米を食べると炭水化物は60gほどとなり総カロリーは600kcalほどになると思われます)

とまあチェーン店でここまで筋トレ民が普段から食べてるメニューが味わえるのはかなり便利。

【まとめ】やよい軒はいつだって筋トレ民の味方

上記の内容が、筋トレ民がやよい軒で選びたい筋肉定食になります。

ダイエット中やあまり体脂肪をつけたくない時期なら「しまほっけ定食」などを食べれば良いし、チートデイとかなら「ガッツリ揚げ物オンパレードな定食」を選んでご飯をおかわりするもよし。

といった感じでいつなんどきでも筋トレ民の要望を満たしてくれるのがやよい軒。

そんなわけで、やよい軒では自身の必要量に合わせて定食を選びご飯の量(炭水化物の量)を調整していけばOK。

では、終わり😉

※参考:筋肉飯を自炊する場合は以下の記事もチェック↓

【簡単】筋トレ弁当の作り方【筋肥大を加速させる3ステップ】
筋トレはじめたから筋肉のためにこれからは弁当を持参しようと思うけど、どんな感じで作ればいいん?という疑問をも持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレ弁当を作る際に意識することを解説。記事内で解説してるポイントを押さえると確実に筋肉はつきます。

以上筋トレ民がやよい軒で食べるべきはこれ一択【筋肥大のための定食】でした。