FST7は筋肥大にかなり効果的「やり方からそのメカニズムまで徹底解説」

FST7

筋肉万太郎
筋肉万太郎

FST7ってなに?

FST7って美味しいの?

といった疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ暦は10年ほどでコンテストでの優勝経験もあり。

 

てなわけで今回はFST7というトレーニング方法について解説していきます。

 

この記事を読むとFST7の意図やメリットがわかるのでぜひ明日からのトレーニングで試してデカクなりましょう。

 

では詳しくみていきましょう。

 

(✔動画でサクッと知りたい場合は以下をどうぞ↓)

 

FST7は筋肥大にかなり効果的「やり方からそのメカニズムまで徹底解説」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hany Rambodさん(@hanyrambod)がシェアした投稿

(右の人がFST7の海の親のハニーランボッド氏)

 

結論としてはFST7を一言で表すと「ハイパーパンプメソッド」笑。

 

カイ
カイ

冗談のようで本気です。

 

「詳しい理由は聞きたくない!」「とりあえずやり方だけ教えて!」と思うかもなのでまずFST7のやり方を簡単にまとめておきます。

 

FST7のポイントは以下のとおり。

・7セット行う

・動作する重量は変えない

・インターバルは30秒から45秒

・インターバル中にポージング

・レップ数は8回から15回で行う

・基本的には最後の種目で行う

・基本的にはアイソレート種目で行う(仕上げの意味)

 

いわばインターバルを最小限に抑えて7セット動作し、合間にその部位を収縮させてよりパンプさせるといった方法。

 

カイ
カイ

ここまで読むだけでもうやる気は失せましたよね?

 

僕もたまに刺激を変える意味で行いますがハンパではないきつさです笑。

 

それでも「やりたい」と思ったら試してみては。ただしんど過ぎて怒らないでくださいね笑。

 

では次にやや詳しく知りたい場合の解説をしていきます。

 

FST7は世界的に有名なトレーナーであるハニーランボッド氏が考え出したメソッド。

 

世界中のマッチョ達がこぞって試しているやり方でもあります。

 

というのもFST7の筋肥大効果は明らかだから。

 

有名な所で言うとフィルヒース選手ジェレミーブエンディア選手なんかがハニーランボッド氏と共に行ってます。

 

FST7のやり方に関しては上記の内容になります。

 

なので次にFST7がなぜ筋肥大につながるのかについて解説。

 

FST7の目的と注意点

FST7の目的は大きく2つ。

・筋肥大

・筋膜を広げる

では順にみていきます。

 

筋肥大

これは言うまでもなくそうです。

 

筋力の強さと筋量は比例するので筋肉を増やそうと思えばもちろんそれだけ強い筋肉を作る必要があります。

 

強い筋肉を作るにはより強度の高いトレーニングをする必要があるのでその時にFST7はもってこいというわけ。

 

筋膜を広げる

これがFST7のメインの狙いと言ってもいいでしょう。

 

筋膜とは筋肉を包む薄い膜。(胸肉についてる薄い膜のアレ)

 

FST7のハイボリュームなセットによってこの膜を広げてやります。

 

筋膜を広げた状態でトレーニング中のドリンクに含まれるアミノ酸や炭水化物がより効率的に効果的に筋肉に取り込まれることでより筋肥大効果を高めるという。

 

また7セット行うことでよりミオシンやアクチンの収縮による筋肉の活動が活発になり、その結果として筋肥大を促す信号が多く送られるようになる。

 

カイ
カイ

少しややこしいかもですが要するにパンパンにパンプさせることで筋肉の深い所に働きかけより筋肥大を促すということ!

 

では次にFST7を行う時の注意点についてまとめていきます。

 

FST7は筋トレ初心者には向かない

FST7は上記の通りかなり強度の高いハードなトレーニング。

 

カイ
カイ

筋トレ種目においての確実なフォームが定まってない場合はケガする可能性もあるのでおすすめはできません。

 

またFST7はやれば誰でもデカクなるわけではありません。

 

というのもFST7はより高い次元のトレーニングをするためのもので、自分自身に対して相当な覚悟を持たないと最大限に効果は活かしきれません汗っ。

 

筋肥大させるのが目的で別にFST7をやり遂げることが目的ではありません。

 

そういったことから以下の事に注意して行うこと。

・重量設定に注意

→気持ち軽めに設定しないと7セット目で全くできないなんてことになります。なので1セットは少し軽く感じるぐらいで良い。(10回でしんどいぐらいの重量)

 

・簡単に終わらせない

→インターバル中もギュッと収縮させてとにかくパンプを狙う。楽に感じる重さならさらに10レップほど追加しても良い。

 

・トレーニングの最後に行う

→最初にやってもいいのだがそれではおそらく追い込み切れない。なので2、3種目した後で最後に全てを出し切る意味合いで行う。(アイソレート種目がおすすめ)

(✔アイソレート種目がわからない場合は以下をチェック!)

【早めに知っておきたい】筋トレ用語とその活用法|カイ@筋トレ|note
こんにちはカイです! 今回は筋トレを始めたら早めに知っておくと、より効果的な体づくりができるようになる用語を解説! その用語は以下のとおり。 ✔RM ✔~筋 ✔収縮とストレッチ ✔チーティングとストリクト ✔コンパウンドとアイソレート ✔ローカーボとローファット 順に6つの用語を解説していき...

 

・トレーニング中はBCAAや水分をしっかり補給する

→パンプしている間に栄養を取り込むのが目的でもあるのでアミノ酸を送ってあげる。

 

カイ
カイ

こういったことを意識してさあ地獄のFST7へ笑。

 

トレーニングがマンネリ化しているなら新しい刺激として試してみては。

 

以上FST7は筋肥大にかなり効果的「やり方からそのメカニズムまで徹底解説」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました