筋トレとCBDの関係【より良い体づくりを可能にする5つの効果】

筋トレCBD

筋トレ界隈でもたまにCBD?を見かけるけど、筋トレとCBDってどんな関係があるん?何か筋肉にとって効果的なん?

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

そんな体づくりの延長からCBD(カンナビノイド)にも興味を持ち、様々に調べたり試したりして早2年ほど。最近は以下のように、筋トレ界のレジェンド山岸選手もCBDを活用してたり↓

そこで今回は、そんな筆者の経験も踏まえて「CBDが筋トレ民(アスリート)に与える影響」について解説していきます。

以下の内容を踏まえた上でCBDを試すとより効果的に使用でき、筋トレや日常生活のパフォーマンスアップに貢献することも。

(※大手CBDブランドのネイチャーカンは怪しいなどと噂もあったりしますが、マイプロテインの元社長が立ち上げたブランドということもあり個人的にはこれといった問題を感じません)

スポンサーリンク
【参考】大会用の減量手順
下記noteでは「コンテストに向けた減量の手順」を徹底解説してます。停滞した際の様々なテクニックや、筋量を残したまま絞る際に必要なことをまとめてます。僕の10年の経験も踏まえつつ。初コンテスト等に向けて減量に不安がある場合は必見。これで安心してとことんまで絞れます。

CBDに期待できる筋トレへの5つの好影響

結論として、CBDに期待できる効果の中でも特に筋トレ民と関係してくるものは以下のとおり。

  • CBDで代謝の改善
  • CBDによる筋肉痛の緩和
  • CBDにより免疫力の改善
  • CBDで筋トレの集中力の向上
  • CBDで睡眠の質を改善し筋トレパフォーマンスをアップ

では順に解説していきます。

代謝の改善

「代謝」と言うと、外から取り入れた栄養素やエネルギーなどを材料に生命を維持するために体を正常に機能させるために、体内で行われる化学反応のことを指します。

ですから「代謝が悪い」と言う際は、口にした栄養素(カロリー)をうまく体内で処理できず体脂肪として蓄積されやすくなると考えることもできます。

逆に「代謝が良い」状態だと、体内でエネルギーをきちんと消費できるため余分なエネルギーが体脂肪として蓄積されにくかったり。

多くの方は筋肉はつけたくても体脂肪はつけたくないはずです。ですからできる限り代謝は高く保っておくのが吉。

カイ
カイ

そんな「代謝」ですが、人間の細胞内にあるミトコンドリアという器官が大きく関係しています。

ミトコンドリアは簡単に言うと、体内でエネルギーを生産する工場。ですからミトコンドリアが加齢などを含め、うまく機能しなくなるともちろん代謝も悪くなります。

これでは筋トレする際のエネルギーが適切に作られなくなってパフォーマンスが下がったり、体脂肪を蓄積しやすい体になったりと、筋トレ民だけでなく一般人でさえ望ましくありません。

そんなミトコンドリアに直接に働きかけて、その機能を正常なものにするのをサポートするのがCBD。

ですから健康的な体を維持する意味でも、CBDはあなたがより良いライフスタイルを送るためにも役立つものと考えられます。

筋肉痛の緩和

そもそもCBDには「抗精神障害」や「抗炎症」や「抗酸化」などの効果が期待できるわけですが、中でもその「抗炎症作用」が強いとされています。ゆえに関節痛の緩和などにも効果が期待できたり。

こと筋肉痛においては筋肉に何かしらの炎症が起きている状態とわかりつつあるので、その炎症を抑える際にCBDが貢献すると考えられています。

筋肉痛のメカニズムはいまだに解明されてない部分も多い)

なのでアスリートのようにできる限り筋肉痛を残さず、連日に渡り高いパフォーマンスを発揮したい時などにも活用されつつあります。以下ツイートにもあるように格闘技界隈でも使われていたり↓

ちなみに平本蓮氏が使用してるCBDはクリーンブルドッグのモノ。(⇒グリーンブルドッグが何回吸えるかをチェック

免疫力の改善(筋肉の疲労回復)

すでに触れたようにCBDには「抗炎症作用」などがあったりするわけですが、その効果が期待できる要因に「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」というものがあります。

カイ
カイ

簡単に言い換えると、人間の恒常性(ホメオスタシス)を維持するために働く機能。

恒常性とは、体外の環境の変化に関係なく体内の状態を一定に保つ機能のことを言います。例えば仮に北極に行こうが南国に行こうが我々の体温は特に変化せず一定の範囲を保ちますよね?

ですが日々のストレスや生活習慣で、そんなホメオスタシスが正常に保てなくなると様々な疾患につながることに。そのバランスをうまく調整してくれるのがCBD。

筋トレは筋肉を疲労させいわばダメージを与える行為なので、その回復に免疫力を保つ働きのある白血球が多く使われると、一時的であれど免疫力が下がることが考えられます。

ですからCBDをとることで通常の体の状態を保つよう促すのが吉。(免疫力の低下を防ぐ)

筋トレの集中力の向上

まずは以下ツイートをご覧ください↓

そちらにあるようにCBDには「二相性」と言われる特徴があります。ですから低用量の使用なら「覚醒作用」つまり集中力のアップが期待できます。

具体的な用量ですが、以下がその目安にされることも。

  • 低用量⇒25mg未満
  • 高用量⇒25mg以上

(CBDの適切な摂取量は個人差が大きいため、試していく中で掴んでいくのが基本)

ですから筋トレなど運動の集中力アップを狙うのであれば、ひとまず1回5mgほどを筋トレ前にとって様子をみるのが吉。体感があるまでやや量を増やしつつ。

睡眠の質を改善し筋トレパフォーマンスをアップ

カイ
カイ

個人的にはCBDの効果で、最も体感があるのが睡眠への影響。

以下ツイートにもあるように↓

(上記CBDオイルはネイチャーカンの製品)

人間にとって睡眠は、脳と体の疲労をとり正常に機能させるために欠かせない行為。特にこと筋トレ民は次回の筋トレのパフォーマンスへの影響や筋肥大への影響を考えると、さおさら睡眠の質を高くすることは侮れません。

仮に睡眠不足や質の低い睡眠が続けば、体内にうまくグリコーゲン(エネルギー)を蓄えることができず、扱う重量や回数が落ちることも考えられます。

言い換えると筋肥大は遠のくことに。そこでCBDの強い鎮静効果つまりリラックス効果を活用し、睡眠前に取り込むことで自律神経のバランスが整いその質が大きく改善されると思われます。

まとめ:CBDは筋トレによる消耗の緩和に貢献すると考えられます

上記の内容が、CBDに期待できる効果の中でも特に筋トレ民が嬉しいであろうポイントになります。

(本記事を簡単にまとめると、以下ツイートのとおり↓)

筋トレは適度に行うことでホルモンの分泌を活発にし、肉体的にも精神的にも好影響が期待できる行為。

ですがハマりすぎてコンテストに出るために減量したり、より多くの筋肉を求めるがゆえ激しい筋トレで疲労がたまりやすかったりするのもまた事実かと。

ですからそういった体への負担を感じる際にCBDをうまく活用することで、より高いパフォーマンスを発揮できたり安定したメンタルを獲得できるかもしれません。

そんなわけでプロテインばかりでなくCBDも普段から活用するサプリメントの1つにしてみては。

カイ
カイ

ちなみに筆者は厚生労働省の許可の安心品質のCBDをお届けするネイチャーカンのCBDオイルをよく使います。

以下ツイートにもあるように、筋トレ民ならリピート必至なマイプロの元社長が立ち上げたブランドと言うこともあり↓

マイプロ同様セール中かもなので今すぐチェック↓

以上筋トレとCBDの関係【より良い体づくりを可能にする5つの効果】でした。

減量
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK