筋肉がつかない理由はこの3つ【筋トレするだけじゃ効果がない!?】

筋肉つかない理由

こんにちはカイです!

 

カイ
カイ

筋トレを始めたものの思うように筋肉がつかないと悩んでませんか?

 

おそらく思っていたより全然つかなくて「なんで!?」ってなってるかと思います。

 

当たり前ですが野球が上達するのにはある程度やることが決まっているように、筋肉が育つのにももちろん手順があります。

 

野球は専門家の教えを聞くのに、こと体づくりになった途端あなた自身の固定概念のみに従ってませんか?

 

それが原因でなかなか筋肉がつかないのかもしれません汗っ。

 

そんなわけで今回は、筋肉がつかない原因とその対策について筋トレ歴10年ほどでコンテストでの優勝経験もある僕が解説!
(※ちなみに僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

 

今までいろいろ試行錯誤して体づくりをしてきたので、今回の記事を読むと筋肉がつかない理由を解明し改善する良いきっかけが見つかるかと思います。

 

では詳しくみていきましょう!

 

筋肉がつかない理由はこの3つ【筋トレするだけじゃ効果がない!?】

結論としては、筋肉がつかない理由は筋トレだけに限りません!

 

筋肉がつかない主な理由は以下のとおり。

✅筋トレでの刺激が不足

✅食事での栄養が不足

✅疲労の回復が不足

では順にみていきます。

 

筋トレでの刺激が不足

当たり前ですが筋肉をつけるには筋トレは必須です。

 

筋肉がつく根底には筋肉を刺激して傷つけ回復させてまた刺激するという工程を繰り返していくことにあります。

 

ですから必死に筋トレしますよね?
でも筋肉がなかなかつかないですよね?

 

それは形を変えたい筋肉への刺激が弱いから。

 

カイ
カイ

繰り返しになりますが筋肉がつかない理由が筋トレにあるならそれは筋肉への刺激の弱さです。

 

言い換えると狙った筋肉をきちんと動かせていない。

 

例えば胸や背中の種目をやっていても三頭筋や二頭筋いわゆる腕にほとんどの負荷が逃げている場合です。

 

胸を狙っているつもりでも腕の力でばかり押し上げてたり、背中の狙っているつもりでも腕の力でばかり引っ張ってたり。

 

これではいくら胸や背中のトレーニングをしていても胸や背中には刺激が入りにくいことに汗っ。

 

となると胸や背中の筋肉を傷つけることが出来ないのでもちろん筋肉もつきにくいですよね?

 

※参考:フォームの重要性
筋トレでフォームが大事と言われる2つの理由【改善するとデカクなる】

筋トレでフォームが大事と言われる2つの理由【改善するとデカクなる】
筋トレのフォームは大事?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレのフォームの重要性を解説。フォームを改善することでグッと筋肥大は進みますよ。

 

食事での栄養が不足

カイ
カイ

筋肉は筋トレしてるだけじゃあつかないのが現実!

 

野球でボールを投げるシーンだけを練習しても「野球」としてはうまくならないですよね?ボールを取る練習もしないとですよね?

 

そんなわけで筋肉をつけるには食事にも気を使う必要があるのです。

 

(筋肉がつかない人の食事パターンの例は以下のツイートを参考にどうぞ↓)

 

カイ
カイ

言い換えると筋肉に必要な栄養が必要なタイミングで送られてないのです。

 

筋肉を作る材料が不足しているとそら筋肉もつかないですよね汗っ。

 

カレーを作るのにルーが不足していると味が薄くなりますよね?つまり「カレー!」とは言いにくい。

 

筋肉も同じで成長が遅くなるイメージ。

 

また筋肉は多少は体脂肪がつくぐらいのやや余分な量の食事をしないとつかないのが現実。

 

(だからって唐揚げ弁当ばかり食べれば良いわけではない笑)

 

カイ
カイ

なので普段の白米の量を増やしたり、肉や魚も意識的に食べるようにしていくのが吉。

 

※参考:増量のコツ
【勘違い】バルクアップは食べ過ぎも食べなさ過ぎも良くない!

【勘違い】バルクアップは食べ過ぎも食べなさ過ぎも良くない!
バルクアップって?バルクアップのポイントは?といった疑問を持つあなたへの記事になります。本記事ではバルクアップの本質を解説。奇跡を信じて無茶な食事をしてるとただ太るだけかも!?

 

疲労の回復が不足

先ほど筋肉は傷つけて回復させて初めてつく(大きくなる)と言いました。

 

でも「筋トレが好き」「筋トレしないと不安」などといった理由から回復面の手を抜いていたらどうでしょうか?

 

筋肉が回復しないのにその部位をまた刺激するともちろん回復は追いつきません。

 

カイ
カイ

となるともちろん筋肉はつきませんよね?「回復=筋肉がつく」なので筋肉はつきにくいです汗っ。

 

※参考:筋肉の回復を早めるには
筋トレの回復を早めるためにする5つのこと「休ませないと成長しない」

筋トレの回復を早めるためにする5つのこと「休ませないと成長しない」
筋肉の回復を早める方法は?筋トレで傷ついた筋肉を早める方法は?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋肉の回復を早める方法をいくつか解説。筋肉は回復させて初めてデカクなるのですよ。

 

というのが筋肉がつかない理由になります。

 

筋肉がつかない原因に体質や遺伝などももちろん関係はしますがそう言う人に限って上記のポイントに目を向けずに自己流で取り組んでる場合が多いです汗っ。

 

筋肉がつかない原因のイメージが出来れば後は改善するだけ!そしたら筋肉はついてきます。

 

改善策を試す時のポイントとしては一つずつ進めていくこと。

 

例えばひとまず筋トレの刺激を強化する、次に食事を改善してみるといったように。

 

いきなり筋トレも食事も回復も改善するとどれが効果的だったかイメージがしにくくなります。

 

仮に食事が今までので良かったのに変にアレンジすることで良くない結果になるかもしれません。

 

カイ
カイ

体づくりにおいてうまくいってるタイミングでは無理に大きく変化させる必要はないです。

 

ですからゆっくり一つずつ改善していってみてください!

 

また骨格によって筋肉がつきにくい部位はあったとしても、全身の話ではありません。

 

なので骨格とか変えることができないものより変えることが出来る筋肉に目を向けていきましょう!

 

※参考:筋トレで成果を出すには
筋トレ成功の3ステップ【ひとまずやる/知識をつける/継続する】

筋トレ成功の3ステップ【ひとまずやる/知識をつける/継続する】
最近は筋トレを難しく感じさせるような内容のメディアが多いように感じます。ですが実は筋トレで効果を出すにはたっ3つのステップだけ!本記事では筋トレ成功のための手順を解説。シンプルイズベストでいきましょう。

 

以上筋肉がつかない理由はこの3つ【筋トレするだけじゃ効果がない!?】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました