筋トレはバーの握り方で効果が異なる【サムレスグリップ?オーバー?】

筋トレ握り方

筋トレに慣れてきたけどバーを握る際により効く効果的な握り方とはあるん?なんかサムレスグリップがどうこうって耳にしたけど。。

こんにちはカイです!

カイ
カイ

筋トレ歴は10年ほどで、コンテストでの優勝経験あり。
(※僕の現在の体はTwitterでチェックできます😉)

僕自身も筋トレを始めて数年ほど経ってから、そういったいわゆる「グリップ」にも気を使うようになりました。

そこで今回は、そんな筆者の経験も踏まえて「筋トレ時のバーの握り方によるその効果の違い」について解説。ちょっとしたことですが、グリップの違いでより筋肉への刺激を感じるきっかけになることもあります。

スポンサーリンク
【参考】筋肥大ガイドブック
筋肉をつけるにはどこまでいっても「高強度なトレーニング×適切な栄養補給」の追求です。とはいえどちらもどういった流れで進めていけば効果的か、根拠を持って取り組めない場合がほとんどではないでしょうか?そこで以下noteでは、筆者が10年かけて培ってきたノウハウを惜しみなくまとめてますので、確実に体を変えたい方のみ参考にしてみてください。

筋トレする際の効果的なバーの握り方とは

結論として、効果的な筋トレ動作を行うために「グリップ」に関して意識しておきたいポイントは以下の2つ。

  • 力の入れ方
  • グリップの形

では順に解説していきます。

バーを握る際の力の入れ方

筋肉には数多くの神経が通っていて、その神経の種類は部位によって異なります。

例えば、上腕二頭筋などにつく神経は「正中神経」と言い手の親指側の方を走行。逆に上腕三頭筋などにつく神経は「尺骨神経」と言い手の小指側の方を走行。

なので上腕二頭筋のトレーニングではウエイトを挙げる際に親指側により力を入れると筋肉が働きやすいことに。

逆に上腕三頭筋のトレーニングでは、ウエイトを挙げる際に小指側に力を入れグッと押したり引いたりすることが効果的と考えられます。

よく「ラットプルダウン(背中トレ)は小指側に力を入れて」と耳にしますが、仮に親指側で強く握ると上腕二頭筋が働きやすいので、腕に負荷が逃げるのを防ぐ意味があったりします。

とまあ簡単に言うと以下のようなイメージでOK↓

・体の前面のトレーニング
⇒親指や人差指の方を強く握って押したり曲げたり(正中神経側の支配)

・体の背面のトレーニング
⇒小指や薬指の方を強く握って引いたり押したり(上腕二頭筋など体の前面部に負荷が逃げるのを防ぐ)

こういった握りを意識するとより狙った筋肉に刺激を与えられるかと思います。

(そもそも効くとはなんなのかについては効かせる筋トレとは【効きへの意識と重量への意識の割合の違い】を参考にどうぞ)

グリップの形(握り方)

バーの握り方は主に以下の3つ。

①サムアラウンドグリップ

筋トレ握り方

サム(Thumb)をアラウンド(Around)。サムアラウンドグリップは言ってしまえば最も一般的な握り方で、バーを握り親指を他の指に巻きつける形になります。

(オーバーハンドや順手などとも言われるやつ。逆だとアンダーハンドや逆手などになります)

この握り方では前腕の力や握力が発揮しやすく、胸や肩のトレーニングを中心にバーを押し切りやすく、より高重量を扱いやすいとも言えるでしょう。

カイ
カイ

こちらに、先ほどの「力の入れ方」を組み合わせてベンチプレスやフロントショルダープレスなどでは親指側でグッと押すようにすると効果的な場合も。

(ベンチプレスならさらに以下のように握ると効果的な場合も↓)

②サムレスグリップ

筋トレ握り方

サム(Thumb)がレス(Less)。つまり親指を関与させないのがサムレスグリップ。他の4本の指に沿えるようにして握るパターンになります。

こちらはサムアラウンドグリップと違い、握り込むことができずやや前腕など腕の関与をさけることが可能です。

ですから、一般的に腕が先に疲れやすいとされる背中のトレーニングで使われる握り方ではあります。

カイ
カイ

サムレスグリップ&小指側で強く握ることで、背中の筋肉や上腕三頭筋を意識しやすくなる場合も。

とはいえ握力の関与を抑えるがゆえにあまり高重量を扱えない場合もあります。

ですからその際は【必須】筋トレでリストストラップを使う2つの目的【使わない手はない】を参考にストラップなどで握力をサポートすることが必要。

またサムレスグリップでプレス系を行うと、指先でなく手首に近い位置でバーを支えやすくウエイトの重力をそのまま真下の胸や肩に伝えることも可能と考えられます。

ですが腕の力の関与が減るため、扱う重量はややサムアラウンドグリップには劣るのが一般的。加えて慣れてないとスルッとバーの落下につながることもあるのでそこは注意してください。

とまあスミスマシンで行うとバーのバランスを取ることに気を使わないで良いので、そちらでより使える握り方とも考えられます。

 ③サムアップグリップ

筋トレ握り方

最後に、サム(Thumb)をアップ(Up)させる握り方。こちらはバーに親指を乗せるパターン。

こうすることでより親指側を意識的に強く押すことができ、これまた胸や肩(プレス系)のトレーニングに向いている握り方になります。

(以下ツイートのようなマシンに有効。僕はこの時はサムアラウンドですがサムアップで行うこともあります↓)

またジムのマシンによってはバーが細くどうしても握った際に手首が体側に倒れてきてしまう時にも使えます。

その際に親指でバーを押さえることで、手首が返ってくる(起き上がる)のを防ぐことが可能に。するとウエイトをより効率的に押し上げれることにもつながります。

【まとめ】余裕があればグリップも意識すると筋トレ効果はアップ

上記の内容が、筋トレ時のバーの握り方(グリップ)による違いになります。

「この種目はこの握り方でないとダメ」なんてことはないので、自身の意図に合わせて色々と試していくのが吉。

ラットプルダウンでもほとんどの方はサムレスグリップですが、実は返って肘を引き切れず背中の上の方ばかりに効くことになる場合もあります。

ですからその場合は、サムアラウンドでバーを深く握る方が広背筋を狙うなら効果的だったり。

カイ
カイ

またグリップは確かに大事ですが、それよりも骨盤の向きなどそもそもの基本フォームを理解する方が、筋トレ効果への影響は大きいです。

なので初心者のうちはあまりグリップに神経質にならなくても良いかとは思われます。

以上筋トレはバーの握り方で効果が異なる【サムレスグリップ?オーバー?】でした。

効果
スポンサーリンク
↓最新情報はTwitterやnoteでチェック↓
FITNESS-FREAK