筋トレで逆三角形の体を作るために優先して取り組むのが良い2つのこと

筋トレ逆三

筋トレして逆三角形の体を作りたいけどその際のポイントは?意識した方が良いことは?

という疑問を持つあなたへの記事になります。

 

こんにちはカイです!

 

筋トレ歴は10年ほどでコンテストでの優勝経験あり。そんなわけで以下のようないわゆる逆三角形の体をしていたりします↓

 

そこで今回は僕が逆三角形の体を作るにあたって意識してきたことも踏まえつつその作り方を解説!

 

✔逆三角形の体を作るためにすることはシンプルなのであまり難しく考えずいきましょう。

 

では詳しくみていきます。

 

(要点のみをサッと知りたい場合は以下の動画を参考にどうぞ↓)

 

筋トレで逆三角形の体を作るために優先して取り組むのが良い2つのこと

結論として逆三角形の体を作るためにすることは以下の2つ。

✔逆三角形を作るための筋トレ

✔逆三角形を際立たせるためのダイエット

では順に解説していきます。

 

逆三角形を作るための筋トレ

当たり前ですが逆三角形の体を作るのに脚ばかり鍛えても意味がありません汗っ。

 

カイ
カイ

そうです逆三角形を作るのは背中!そんなわけで逆三角形を作るために意識して鍛える必要があるのは「背中→肩(→腹筋)」の順です。

 

背中の筋肉は大きく広背筋と僧帽筋に分かれます。逆三角形を作るには中でも僧帽筋より広背筋を発達させていくことが必要。

 

というのも広背筋は「腰から腕にかけて翼を広げたようについていて」この部分を鍛えるとまさに下から上にかけて三角形のラインが生まれてくるからです。

 

(大まかに下の写真の青丸が広背筋、赤丸が僧帽筋)

筋トレ逆三角形

 

そんな広背筋を鍛えるにはひとまず以下の種目をやっていくのがおススメ!

 

カイ
カイ

といった種目をあげたのですがよくある勘違いとして「この種目をしたから広背筋が鍛えられて、この種目をしたから僧帽筋が鍛えられる」と思い込んでいること。

 

確かに広背筋が働きやすかったり僧帽筋が働きやすかったりと分けることは出来ますが、あくまでそれは「フォームによる違いで種目による違いではない」場合がほとんどです。

 

ですからダンベルロウでもフォームによっては広背筋ではなく僧帽筋をメインに刺激することは可能。

 

そういった意味で上記の種目できちんと広背筋を狙うためのフォームで行うために、先ほどの種目名の右にある記事をチェックするのがおススメにはなります!

 

※参考:背中の厚みと広がり問題
背中の広がりと厚みに関するトレーニングの違い【狙う部位で分けよう!】

背中の広がりと厚みに関するトレーニングの違い【狙う部位で分けよう!】
背中の広がりと厚みってなに?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では背中の広がりと厚みの違いやトレーニング方法まで解説。ただやみくもに筋トレしても成果は出ないかも。

 

また自重のみでの筋トレでも「懸垂」をやり込むと問題なく広背筋を発達させることができ逆三角形の体を手に入れることは可能なので安心してください。

 

そして背中の次に重視すべきは肩の筋肉。

 

逆三角形の上辺を広くすればそれだけウエストにかけての角度が生まれますよね。

 

そんなわけで肩の特に横(サイド)を鍛えるのがおススメ。こうすることで肩幅を広くするのです!

 

その際に行う種目はサイドレイズ。

 

※参考:サイドレイズのフォーム
【完全版】サイドレイズの7つのコツ【僧帽筋でなく三角筋を刺激する方法】

【完全版】サイドレイズの7つのコツ【もう僧帽筋が辛くならない!】
サイドレイズの効かせ方が知りたい!サイドレイズのフォームやコツが知りたい!というあなたへの記事になります。本記事ではサイドレイズのコツをいくつか紹介。ただ挙げるだけではなかなか肩を使いにくいかも。

 

広背筋と三角筋の横(肩)を鍛えると基本的にはウエストから肩にかけての広がりが生まれ逆三角形の体は出来てきます。

 

ですがいくら背中や肩の筋肉がついてもウエストが太いままだとやや逆三角形がぼやけることに汗っ。

 

そこで必要なのがダイエット。

 

逆三角形を際立たせるためのダイエット

もちろん上記の筋トレだけでも十分に体は変わってきます。

 

カイ
カイ

ですが筋トレと同時にダイエットを取り入れることでウエストを細くしていくとより逆三角形が際立ってくることに。

 

なんなら筋肉がつくのはやや時間がかかるのでダイエットしつつお腹回りを細くする方が逆三角形を作るには手っ取り早い場合もあります。

 

ウエストが細ければ同じ背中や肩の筋肉でもそれだけ腰から肩にかけての角度は出やすいですよね。

 

そんなわけで余力があるなら筋トレだけでなくダイエットにも取り組んでいくのがおススメ!

 

※参考:ダイエットというよりひとまず食事の見直しなら
【簡単】ダイエット成功の10のルール【明日からちょっとずつ痩せよう】

※参考:ガッツリダイエットを頑張るならカロリー計算が基本
【保存版】ダイエットのやり方【押さえておくべきたった2つのこと】

 

また仮にダイエットしないとしても少しでも食事に気を使う方が筋肉の発達はスピードアップします。

 

なので上記の筋トレをすると同時に筋肉をつけるための食事も少しでも実践していくのがおススメです。

 

※参考:筋肉をつけるための食事
【保存版】筋トレの食事で優先すべきところ【タイミングは後回し】

【保存版】筋トレの食事で優先すべきところ【タイミングは後回し】
筋トレ効果を高めるには食事が大事って聞くけど実際どういう感じの食事が良い?食事のタイミングも大事?という疑問を持つあなたへの記事になります。本記事では筋トレにおける食事の優先順位を解説。まずはここだけ押さえとけばオッケー!

 

といったように逆三角形の体を作るために取り組むことはわりとシンプル!

 

筋トレでは広背筋を鍛えて、出来ればダイエットでお腹周りを絞っていくと。

 

あれやこれや考えずひとまずこういったことに全力を注いでいけば問題なく逆三角形の体は作れます!

 

そんなわけで今回はここらへんで😉

 

以上筋トレで逆三角形の体を作るために優先して取り組むのが良い2つのことでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました